次女復活。クリスマスイブ。長女の作曲。

先日体調を崩した次女は今朝から元気になってました。昨日は何だったのか?私自身は半日だけ体調を崩すような経験が無くよくわからないのですが、昨晩は2回も嘔吐してましたので仮病でもなんでもなく。でも、何にせよ元気になってよかったです。

私は今日も仕事をしてましたが、今年はもうかなり消化試合モードです。

クリスマスイブなので少し早めに帰宅して、家族一緒に食事をしたりしました。クリスマスケーキはいつもどおり近所のマーサさんに頼んだのですが、すでに顔で認識してもらったので引き換えの紙を出す前に「胡田さんの…」と準備してもらっちゃいました。よく考えたら家族5人+クリスマスという感じで年6回ホールケーキを依頼することを5年10年単位で続けていればきちんと認知されるのは当たり前なのかもしれません。そして、今回も家族が好きなショートケーキを頂いたのですが、とても美味しかったです。

ケーキの引取りには次女が付き合ってくれました。長女はもとよりそろそろ長男も私にべったり甘える時期は終わった感じです。あとは次女が卒業すればいよいよ親離れ子離れって感じです。嬉しいことです。

そして、長女が6秒間の短い曲を書いてくれたので、それをyoutubeのエンディングの曲にする予定。年末年始には結構動画を量産しようと計画中…。

終業式、作曲、体調不良

今日は私はお休みを頂いてました。気がついたら4連休になってました。年内はもう急ぎの仕事はないのでのんびりです。

子供達が今日は終業式でした。長女が早くに帰ってきて、長女のPCと電子ピアノとオーディオインターフェースを繋いで、MIDIの打ち込みができる環境にしてあげました。

私のYoutubeのイントロとエンディング用のBGMをどちらか短いものを作って欲しいとお願いしていて、早速作ってくれた模様。相変わらずの思い切りの良さです。

そうやって一日平和に終わる予定でしたが、お昼過ぎから次女が体調不良となり、嘔吐。幼稚園の頃からずっと皆勤賞の次女ですが、「体調不良になっても大丈夫な日」にはたまにこういう感じになります。

明日には元気になってくれるといいのだけれども。

第45回千葉県アンサンブルコンテスト

今日は千葉県のアンサンブルコンテストに長女が出場する、ということで朝10時ごろから家族と、さらに一緒に演奏する子2人を車に乗せて千葉市まで1時間かけて移動し、まったりと過ごしました。待ち時間約6時間。

私は下の子供二人担当。カラオケで少し歌ってから、いつもの千葉市科学館に移動してプラネタリウムをみたりなどしていました。本当はほかの学校の生徒の演奏も全部聞いていたいところですが、下の子供たちがいるのでなかなかそういうわけにもいかず。

結局長女のグループの前後5グループほどしか聞けませんでしたが、それでも大人数で演奏しているのとは違う緊張感の中で中学生たちが頑張って演奏しているのを聞いてほっこりしました。

少人数のアンサンブルのほうが明らかに一人ひとりが目立ちますし、ミスも目立ちます。音程の細かなズレも結構気になるグループが多かったです。金管楽器はやっぱり音程そろえるの難しいんですよね、きっと。

長女たちはいつも長時間練習しているだけあってしっかりした演奏してましたし、音程がきれいにそろっていてよかったです。テンポはずいぶん速くなってしまったようですが。結局全体で6位、金管では1位で東関東大会に進むことになったそうです。おめでとう。

でも、みんなで演奏して、点数をつけて、順位をつければ必ず1位から最下位まで出るわけで、それがいいことだとは私は思わないです。音楽を楽しんで、きちんと自分で納得のいく演奏をできればそれでいいと思います。順位にはこだわってほしくないけどな…。

次は宇都宮だそうな。今日はラーメンだったけど、次は餃子かな。

長男と次女はも連れて行っても演奏すら聞いてないし、もう連れて行かなくてもいいかも?

Adobe Creative Cloudを契約。Thinkpad X1 Carbonを購入。メイド喫茶で昼食。

11月~12月は色々とイベント続きだったのですが、ちょっとひと段落しました。気分的にそろそろ年末ムードになってきております。

今日は1日時間がある感じだったので、前からやろうと思ってできていなかったyoutube動画用のテンプレート的なものを作成しようとしてみました。冒頭と終わりに使いまわせるテンプレート的なものを自分で動画もBGMも作ってみたいなと。

で、あれこれテンプレート動画でいいのあるかな?とか、今使っている動画編集ソフト(PowerDirector)でどうにかできるかな?とか見て回っていたのですが結局あまり良いものがなく、解説動画を見ていたらAdobe After Effectsでの作成方法のレクチャーばっかりだったので、しっかりやるならやっぱりAdobeかな、ということでAdobe Creative Cloudを勢いで契約してしまいました。

とはいっても、Adobeのソフトなんてバカ高くて素人にはとても手が出ない…という印象だったのも昔の話で、今はもう月々数千円であれもこれも使えちゃうんですものね。違法コピーだらけだった時よりも健全でよいと思います。すごく安いし。

でもやっぱり高機能なソフトはできることが山ほどあってすごいですね。使いこなせない感が半端ないですが、まぁ、楽しんでやろうと思います。

そして、BGMは自分で全パートの生演奏にしようかと思ったけれども、いろいろくじけて、ベースだけ演奏してあとは打ち込みにしちゃいました。

で、ある程度After Effectsも基礎の基礎を学んでとりあえず作りたいものくらいは作れる感じになったので…、次は次女と一緒に秋葉原にお買い物をしに行きました。自分の電車の中での「座れた時」の文章書き用のノートPCです。

最近メインPCはAzure上に構築したWindows10になりつつあります。結構スペックもよいものにできちゃうし、ネットワークがまともなら遅延も気になりません。メモリをモリモリにしておけばブラウザを5個くらい複数アカウントで開いてあっても大丈夫だし、かなり快適です。

で、結局今一番環境が悪くてやりずらいのは電車の中…ということになりました。なんといっても、Surfaceが座って膝の上で使いずらすぎて話にならないです。それですっかり電車で座れてもPCを開かなくなってしまいました。

というわけで、それなりのスペックで、文章が打ちやすいノートPCが欲しくて秋葉原に行ったわけです。息子はもう付き合ってくれなくなっちゃったので(笑)、まだ付き合ってくれる次女と一緒に2人で行きました。

行きの電車の中でAkiba PC Hotlineを見ていたら見つけたThinkad X1 Carbonがそれなりのスペックで39800円と安かったのですぐに即決しちゃいました。

  • 14型ノートPC
  • 2コア/4スレッドのCore i5-5300U
  • メモリ8GB
  • 240GB SSD
  • Windows 10 Pro(64bit)
  • フルHD(1,920×1,080ドット)
  • 重量約1.3kg

このスペックで4万弱。もちろんThinkpadなのでキーボード打ちやすいし、ノートPCも本当に安くなったなぁと改めて思います。まぁそろそろスマホのみで十分で、PC自体使ってないよって人も多いみたいですが…。

というわけで、秋葉原でのPCのお買い物は5分で終了したので、次女のリクエストでメイド喫茶、メイドリーミンの秋葉原 LIVE RESTAURANT Heaven’s Gate店にご飯を食べに行きました。正直なところ値段が高いので遠慮したいところですが…。でも、次女がこうやってあれこれと付き合ってくれるのも今のうちだけだし、好きなことはやらせてあげたいので、まぁ、よいかなと。

Yotubeのフィッシャーズの動画でメイド喫茶をしった次女は、前回の本店に行ってから気に入った曲を歌ったり踊ったりとかなり気に入ったご様子。今日もお気に入りの曲をリクエストして、座席で歌って踊ってました。本当はステージで思いっきり踊りたいそうな…。

ずいぶん満喫したようですが、帰ってきたら妻にメイド服を作ってほしいとリクエストしてました。どうやら作成が開始される模様です。

と、まぁ、こんな感じの平和な1日でした。

「ナンジャモンジャ」と「人狼カード」

今日は先日のセミナーも終わったのでちょっとのんびりお休みをもらって自宅でゆっくり…する予定でしたが、なんだかんだで仕事を6時間くらいやってしまいました。いつでもどこでも簡単に仕事ができるのでやっぱり連絡はいるとやっちゃいますねぇ…。

とはいえ、小学生が帰ってきた15時30分くらいからは子どもたちと遊んでました。次女がまたYoutubeで見たらしく「ナンジャモンジャ」がほしいというので近所のLoftにお買い物に。私は一緒においてあった「人狼カード」を購入。家族でカードゲームで遊びました。こういうときは5人家族は便利ですね。

どちらも子供から大人まで楽しめて面白いのですが、次女が楽しすぎて何度も「ナンジャモンジャ」をやりたがるので、名前が色々と混乱してしまって大変でした。おっさんはそんなに何回も連続してできない…(笑

「人狼」はいぜんちょっとやったことあったのですが、そのときはまだ次女にはちょっと早いなという感じでしたが、今日はもう大丈夫な感じでした。ロジックではなく「いまのはなんか言い方が怪しかった!」みたいな観点のみで判断していたようですが。それでも、私がロジックでガチガチに考えるのに比べてしっかりと推測を当てていたりして面白いです。

そんなこんなで、本当はやりたかった動画編集等ができませんでした。(言い訳)

LenovoさんとMSさんとAzure Stack HCIのセミナーをやりました。

今年もあれこれとイベントがありましたが、今日は年内最後のイベントでした。自社のセミナールームを使ってのAzure Stack HCIのセミナーをLenovoさん、MSさんと一緒にやりました。

私はLenovoさんにSE350の無線モデルを借りて、ライブデモを多数盛り込んだ内容でやりました。ライブデモをやろうと思うとやっぱりスナップショット機能が便利ですし、ディスクが高速なシステムはキビキビ動いてとても良かったです。

SE350に関してはしばらく検証機を借してもらえることになったので、あれこれと遊ばせてもらおうと思います。

とにかく、仕事はちょっとひと息つける感じになりました。(多分)

息子と二人で「僕らの7日間戦争」を見に行く

昨日はガリガリ仕事してましたが、今日はちょっと久しぶりにお休みっぽい感じでした。息子と一緒にゲームをして遊んだり、次女がつくった脱出ゲーム(?)的なもので遊ばせてもらったり。

次女はアナと雪の女王2が気に入ったということで前回IMAXで見ましたが、今日は4DXでみたい!ということで、まだ見ていない妻と2人で映画に行くことになり。私もなにかみたいなーということで息子を誘って、「僕らの7日間戦争」を見に行きました。

私も小学生の時に「僕らの7日間戦争」の初代の映画を見たわけですが、どうやら30年前のことらしいですね。いや、昔だな…。その時はきっと私は10歳。潮来の映画館で友達と一緒に見たような?流石に昔過ぎて記憶がちょっと曖昧です。それでも、TMNetworkのSEVEN DAYS WARと当時の映像がちょっと思い出せるくらいなのでそれだけ印象深かったんですかね。

で、今息子も10歳でして、親子でこうやって見に行けるってのはちょと感慨深いものがありました。

とはいえ、何もわからずにいきなりいったので、話は原作と同じなのかと思ったら全然違ったりとか、カジュアルに犯罪行為に手を出したりする話の展開にちょっと戸惑ったりもしました(笑。あれ、何人も死んでてもおかしくないレベルの事をやりまくってるし、明らかな犯罪行為を自覚的にしているのに、結局「罰」を受けるところを全く描かないのってどうなんだろう?と思っちゃいました。けど、まぁ、昔の「僕らの7日間戦争」もきっとそうだったんでしょうね。子供の視点からは当時そういうことは全然気にならなかったのですけれども。多分。

息子は面白かったらしいのでよかったです。私もなかなかおもしろかった。

それにしてもやっぱり徒歩圏に映画館があるってのはいいですね。超気軽に行ける感じです。そして、残念なことに日曜日の昼間だというのに見た映画はお客さん8人くらいしか入ってませんでした…。この調子だとちょっと維持できないんじゃないかなぁという心配をしてしまいます。続いてほしいのですけどねぇ。

個人レベルでできることはほとんどなくて、それなりに映画を見に行くくらいなのが残念ですが…。まぁ仕方ないですね。

余裕のある休日にはそれなりの頻度で子どもたちを誘って映画館に行こうと思います。まだ子供向けの映画ばっかりしか一緒には見られないけど…、私は小学生のときから寅さんとか見て楽しんでたわけだし、一回大人向けの映画にも連れて行ってみようかな?と考え中です。

眼鏡をかけはじめました

一昨日あたりから眼鏡を日常的にかけはじめました。

大学時代に運転免許を取得したときに結構視力がギリギリだったので一度眼鏡を作ったことはあったのですが、その後なんだかんだと免許更新もずっと裸眼でOKだったので、日常生活でも眼鏡は使用して無かったのです。

でも、最近かなり視力の低下を感じるようになってきてました。イベント、セミナーなどでスクリーンに投影された資料を見る機会は多くあるのですが、いつも1番前に座るのが当たり前なのでそれも問題ありませんでした。でも、この間イベントの時間を勘違いして遅刻して行ったときに後ろの方の席しか空いていなくて、丸一日ほとんど投影資料が読めず、視力の低下を痛感しました…。

子供達は、上2人はあっというまに視力が低下しており、眼鏡を作り直しに行く機会も度々あります。この間息子の眼鏡の作り直しのときに私もついでに作ってみた感じです。

私は幼稚園、小学校時代からゲームやパソコンなどしまくっていたし、仕事でもPCモニタを見まくってます。一日、10時間以上見続けるのが当たり前くらいの生活です。でも、40まで裸眼でそれなりに暮らしていたのはどちらかといえばもった方なのかも?

使い出してまだ数日ですが、もう目が眼鏡に慣れて、眼鏡を外すと以前より遥かに世界がぼやけて見えます。人間ってなんだかすごいなと思います。何事にもすぐに慣れることができる。

フロッシュ音楽祭2019に参加しました!

11/30(土)に柏のフロッシュ音楽祭に「みけたま」で参加してきました。

「みけたま」としては練馬Jazz祭りに続いて2回目の音楽祭イベント参加でした。

今回は演奏に集中…の前に時間や機材、音量バランスなど個人的にあれこれ気にしてしまって、演奏にあまり集中できず、ベースとしてかなり大きな演奏面でのミスも複数回ありました…。

そして、自分では意識してませんでしたが、やはり練習よりも無駄に力が入ってしまっていたようで、最後にやった「君の瞳に恋してる」でのオクターブでずっと演奏する部分は握力が全く持ちませんでした。緊張はしないたちで、自覚はしてなくても、やっぱり練習通りにはいかないもんだなぁと。

人前では練習通りのパフォーマンスが出せないのは当たり前ではありますが、もっと集中できる準備の仕方があるんだろうなと改めて思ったりしました。

でもでも、反省も沢山ありますが、凄く楽しかったです。昼からお酒を飲みながら、一緒に出ている他のバンドさんたちの演奏も沢山聞けて楽しかったですし、色々と勉強にもなりました。

プロの上手い演奏を聴くのももちろん素敵なのですが、アマチュアバンドの心のこもった演奏も良いものだなと。中学、高校時代の文化祭的なノリをちょっと思い出しました。

で、お酒を長時間飲み続けて、結構酔っ払ってしまったので、次からは、早めの時間から飲み始める時には注意しようと思います…。気をつけないとまた病院に行く羽目になりそうです…。

また何か機会があったらやろうねという話をしてますが、機会がなければ自分たちで作ってしまえば良い!ということでちょっと先にThrobber を借りて周りの音楽仲間を集めて演奏する機会を作ろうかなという相談を始めました。幼稚園、小学校の父母でやったThe Nonsmokers での演奏機会もずっと作れていないこともありますし。

でも、その前にまずは今週あるIgnite The Tour Tokyoの準備をしないといけません。本当は昨日で終わるはずが終わっていないので、今日、頑張る予定…。

「デジタルトランスフォーメーション」をテーマにしたセミナーで登壇してきました。

今日は「デジタルトランスフォーメーション」をテーマにしたMicrosoftさん主催のセミナーにて30分ほど登壇させていただきました。

「デジタルトランスフォーメーション」っていう単語は皆さん随分と注目があるのですね。120名程度の登録があったらしく登録を締切る状況で、当日もほぼ満席の状態でした。

でも「デジタルトランスフォーメーション」って曖昧な言葉だし、誤解の多い言葉でもありますよね。そして本当に変革するのであれば自分が持っている既得権益というか既存の快適な枠組みも壊す必要もあるでしょうし、生半可なことでできる話でもないです。

私の立場だといろんなことを言いながら結局は前例踏襲でだれもリスクと責任を取らない状況を多く目にします。

場所だけ「クラウド」に変えてお茶を濁しながら、結局「今までと同じやり方」をどうやったらできるかを無駄に頑張ってしまう例も多く見てます。

デジタルトランスフォーメーションを実現するには、その前にまず、やってる人の意識を変えなくちゃいけないし、そのために様々な既存の枠組みを壊さないといけないですよねぇ…。

というような話をしました…。

 

とりあえず今日は妻の体調が復調したので良かったです。