眼鏡をかけはじめました

一昨日あたりから眼鏡を日常的にかけはじめました。

大学時代に運転免許を取得したときに結構視力がギリギリだったので一度眼鏡を作ったことはあったのですが、その後なんだかんだと免許更新もずっと裸眼でOKだったので、日常生活でも眼鏡は使用して無かったのです。

でも、最近かなり視力の低下を感じるようになってきてました。イベント、セミナーなどでスクリーンに投影された資料を見る機会は多くあるのですが、いつも1番前に座るのが当たり前なのでそれも問題ありませんでした。でも、この間イベントの時間を勘違いして遅刻して行ったときに後ろの方の席しか空いていなくて、丸一日ほとんど投影資料が読めず、視力の低下を痛感しました…。

子供達は、上2人はあっというまに視力が低下しており、眼鏡を作り直しに行く機会も度々あります。この間息子の眼鏡の作り直しのときに私もついでに作ってみた感じです。

私は幼稚園、小学校時代からゲームやパソコンなどしまくっていたし、仕事でもPCモニタを見まくってます。一日、10時間以上見続けるのが当たり前くらいの生活です。でも、40まで裸眼でそれなりに暮らしていたのはどちらかといえばもった方なのかも?

使い出してまだ数日ですが、もう目が眼鏡に慣れて、眼鏡を外すと以前より遥かに世界がぼやけて見えます。人間ってなんだかすごいなと思います。何事にもすぐに慣れることができる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。