現在Youtubeに注力してますので是非チャンネル登録お願いします!

胡田昌彦のコンピューター系チャンネル

この記事は約2分で読めます。

今日は来週のアンデルセン講演での演奏会に向けての最後の練習でした。先週は息子が病気になって練習に参加できなかったので、今日は参加せねば…ということで、いつもどおり家族5人で練習に参加してきました。2人は遊んでるだけですが。

で、相変わらずボリュームがわかんねーっす。ボリュームペダルを使ってるのですが、ちょっとの踏み込みでの音量の変化の振れ幅が大きすぎて…。これってどうにかして調節とかできるのかな…。ちょっと音量は犠牲にしても、めいいっぱい踏み込んだ時にそれなりに自分が焦らない程度の音量にしておくのが良さそうと思ったのが今日の感想。微妙なところで止めようと思ってもおもったボリュームにならない・・・。

演奏自体はそれなりにできるようになってきたのですが、急遽追加された曲が左手にきつくて握力が最後持ちません。握力鍛えるか…。

で、まぁ、随分きちんと頻繁に練習もするようになったし、来年1月にまたホールも決まってるし…ということでエレキベースの新しい物を購入しました。何を買ったのかは自分でよくわかってませんが。思えば中学と高校の時にバンドをやってましたが、その時にはベースからギターに転向した友人のものをずっと借りてました。高校卒業時に買い取って、それを今でもずっと使ってました。

あまりにも最近ノイズがひどいし、新しいのにすると随分ひきやすいはずだよという話も聞きまして、思いつきで買いに行きました。思えばお店で試奏させてもらうのも生まれて初めてでしたな。何もわからないので、簡単に予算と状況だけつたえて、店員さんのお勧めのものを3つだけひかせてもらって、予算どおりのものに決めました。演奏した感じで高いもの安いもので違いわかるのかな?って興味ありましたが、今自分がつかっているものとの違いはくっきりとわかりましたが、5万、10万、15万くらいだと私には全然違いがわからない模様です。店員さんが自信たっぷりに「これがおすすめ!」っていってくれたのでそれにしました。

自分がお客になってわかりますが、何事もしっかりと自身をもってきちんと説明してくれて、「これがおすすめですよ!」とびしっと言ってくれると、まぁ、それでいいかなという気になりますね。自分も仕事ではこうあろうと思いました。

おすすめされているのはその時にお店で売りたいものなんでしょうけどね。自分が売りたいものが本当にお勧めであるという状態であればどこにも嘘もなにもなくなるわけで、そういう状態になるように頑張るのが必要なんだろうなぁ。

コメント