今日は月曜日…ですが、長女の小学校も始まるし、小学校で災害時の親への引き渡し訓練もあるし、何より2歳児の面倒もみないといけないし…ということで会社をお休みして息子と一緒に朝から病院に行ってきました。今回お世話になっている病院は千葉西総合病院なのですが、いつも夜間や休日の救急でしか行ったことがなく、今日はじめて通常の時間に診察してもらいました。新しい建物だし、病院内にタリーズやファミマがあったり、小児科の待合室にはアンパンマンの映像が流れていたり、診察受け継いけや精算が電子化&セルフサービス化されているなど改めてみてみると結構素敵な感じの病院ですねぇ。

今日は昨日よりは元気になっていたものの、まだちょっと…という感じで予定通り点滴をしてもらいました。水分補給。2時間ほどの間、他の子供達が点滴をうけたり吸引したりするのが見えるところにいました。松戸市立病院で点滴をしてもらった時は、点滴の針を刺すときには親は隔離されたのですが、千葉西総合病院ではどんなにちっちゃな子でも親と一緒にやるようにしているようで、その温度感の違いが印象的でした。針を刺される前から嫌だと泣きわめく子供もいれば、それを優しくなだめる親も、叱りつける親も。かと思えば2歳くらいでもしっかりと泣きもせず対応できる子もいたり。

そういえば我が家の子供たちは3人とも注射でも天敵でも嫌がったり怖がったり泣いたり誰もしません。こういうのってどこで差がつくんでしょうね?本当に小さい子供…というか赤ちゃんは何をされるかわからなくて嫌がりもしないものだと思いますが…。

あと、子供がギャーギャー暴れて全然吸引できてない子もいたりして、そこまで元気なら病院来なくていいんじゃないの?という気もしました。小児科は大変だという話はよく聞きますが、うん、すごく大変そうです…。

でも、こうやって治療してくれる人がいるから助かる命も沢山あるんだよなとありがたく思います。今回も息子はただの風邪ではありますが、きちんと水分補給出来ず、飲んでも戻してしまうような時に、やっぱり点滴で水分補給するのは非常に効果的なのですが、自分じゃしてあげられないですしね。

それにしても、気がつけば土日を挟んで4連休になってしまい、結局ずっと息子と娘の看病をしてた感じになっちゃいました。仕事がかなり進んでおらず…明日からは頑張って取り戻さないといけないですな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。