先日、3時間ほど子どもたちを遊ばせる必要があり、ちょっと遠くの公園に連れて行って遊ばせてました。恐竜が沢山ある「怪獣公園」(恐竜なのに怪獣っておかしいんじゃ…)。そうしたらそこに小学校4年生の女の子が1人でいました。1人で3DSをしていたのですが、ちょこちょことよってきて、一緒に遊びたそうにしてました。結局ずっと一緒に遊びました。2時間ほど遊んでから帰ったのですが、その子は「まだ帰らないでほしいな」「また遊びに来てね」「私は忘れないからね」と何度も言っていました。ちょっと背が小さくて、可愛らしい声で喋る、賢くて運動神経の良い女の子。夏休みがはじまったばかりの祝日にお昼から一人っきりで公園にいる…というのはちょっとさびしい感じもしました。子どもたちはもちろんだけどむしろ私に沢山喋りかけてきてたから、お父さんとの繋がりが少しすくないのかな…なんて思ってしまったりもしました。

うちの子供達は3人兄弟ということもあり、ひとりっきりで公園にいる…なんていうシチュエーションは今まで一度もなかったと思うし、これからもまだまだしばらくは無いと思います。それってきっと幸せなことなんだろうな。

でも、公園で、だれか友達が遊びに来るのを待ってる…という状況は私も昔あった気がします。寂しかったような気もする。姉がいたけど、一緒にはあまり遊ばなかったのかな?そういえば両親共働きだったような…と、昔の事が遠すぎてよく思い出せません。ずいぶん歳をとりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。