先日、長女の小学校で授業参観がありました。下の子供たちの面倒をみなければいけないのでCloud Daysには参加せず、嫁さんと交代しながら体育と道徳の授業を見ました。3年生になって随分普通の授業になってました。娘は授業参観の日なのに鉛筆を教科書の上でころころ転がして遊んでましたが、内容的に余裕があったのかなと思います。

いつも授業参観に出ていると「元気な子」が誰かというのはよく分かるものですが、そういう子たちもすっかり落ち着いてきちんと授業を受けていました。先生の元気がない(主に声が小さい)のが一番気がかりでしたがこれなら平和にできているのかなと思いました。

自分が小学校3年生の時の先生はとても印象深く、自分の人格形成にかなり大きな良い影響を受けたと今でも思っています。かなり世の中の仕組みがわかってくる中で、娘にもそういう良い出会い、良いふれあいがあると良いなぁと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。