最近は5歳の息子の話が多いですが、今日も5歳の息子のお話。

毎晩の就寝前の儀式としてずっと存在しているのは絵本を読むことなのですが、いつも私が読んであげているのですが今日は息子が「読みたい」というので読んでもらいました。そうしたらとても上手に読むんです。感情を込めて、優しい所は優しく、楽しい所は楽しく。2歳の娘もそれをおとなしく聞いていました。なんでしょう、特になんともない日常の一コマなのですがすごく嬉しい気持ちになりました。

それにしても、こんなに読むのが上手になっているとは知りませんでした。当たり前ですけど、一番上の子が成長が一番早く「一番」を総取りしてしまいます。一番ちっちゃいのは一番下の子で幼いゆえの「かわいらしさ」を総取りしてしまいます。そんな中で真ん中の息子の成長をちょっと見逃していたかもしれません。いや、本当に、こんなに上手に読めるとは知らなかったなぁ…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。