今日は、長女のはじめてのピアノ発表会でした。ピアノをはじめてからおよそ1年。随分上手になりました。

ピアノの発表会に向けては「本番のように練習して、練習のように本番をするんだぞ」とずっと言い続けていたのですが、今日はその意味を体感しただろうと思います。緊張しているのがよくわかり(笑。それでもちょっとのミスにも動じずにちゃんと最後まで弾き終える事が出来ました。随分精神的な成長も感じられました。これで終わりにする…ということもなく、これからもずっと続けるのだそうです。

そういえば、私も子供の頃に一度だけピアノの発表会に出たのですが、緊張してどこを弾いているのかよくわからなくなり、途中で弾いているところを間違えたことに気がついて弾くのを一度やめて、残りの部分を弾いてお終いにしたのをまだ覚えてます。親からは「顔が怖かった(笑)」と言われて。私は人前に出てもあまり緊張しない方なのですが、こういう場が何度もあってのことなんだろうなぁと改めて思いました。

それにしても2歳の娘にはしずかなホールはちょっと無理でした。長女の発表の時だけ中に入ったのですが、大騒ぎでした。まぁ仕方がない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。