先日小学校の読み聞かせに参加してきましたが、参加した後には親が感想をノートに書きます。それが回ってきたので書いてます。手書きすることなんてほぼ無いから書くのに時間がかかります・・・。下書きをPCで書いたので記念に貼り付けておきます。

今回はじめて参加させてもらいました。父親が本を読むのはこのクラスでははじめてだったと思います。仕事の関係もあり父親が参加するのは母親以上に難しいケースが多いと思いますが大勢の子供たちの素直な反応が見られる素晴らしい機会をお母さんたちだけに任せておくのはもったいない、と思いました。非常に楽しかったです。

私が子供の時にこのような取り組みはありませんでしたし、周りの人に聞いても同じような事をしているという話は聞こえてきませんでした。定期的に友達の親が小学校に来てみんなの前で本を読んでくれるというのはとても素晴らしいことだと思います。読む方も準備や時間の捻出等大変だろうなと思いますが是非続けていただければと思います。

今回の本は娘ではなく、息子(4歳)のリクエストでした。小学校2年生にはちょっと内容が幼すぎたかもしれませんが、私が小学生の時に大好きだったお話なので選びました。給食の時間に放送で流れていたのを今でも覚えています。あとで娘に「いつも家で読んでるみたいに変な声で読むからおかしかったよ。」と言われてしまいましたが、読んでる方は楽しかったです。子供たちは予想以上に集中して静かに、ワクワクしながら聞いてくれたように感じました。嬉しかったです。

また、事前にどの本を読むかなど予告もなしにも関わらず、本を読んだ後の先生のみんなに向けてのコメント等アドリブ力が凄いなと思いました。さすがです。また参加したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。