仕事ではいろんなことをしてますが、最近は特に「自動化」に力を入れています。慢性的な「人手が足りない」問題への対処として以前は情報共有の仕組みだったり、組織の作り方だったり、人材の教育だったり…と考えていたり実践したりしていたのですが、そういうものは当然のこととしてありつつも、結局いかに「人手が必要ない」状態を作り出すかのほうが重要なんじゃないかと考えるようになりました。

これはコンピューター関連の仕事だからということはあるかと思いますが、人手がたりないのは人手が必要な仕事のやり方をしているからであって、人手が必要ない仕組みを作ってしまえば人手が足りないという問題はそもそも存在しなくなります。そうすべきなんじゃないかと思うようになりました。もっとも、これが進むと、人手を必要ない仕組みを作るための人手がたりなくなるのだとは思いますが。

でも、こういうふうに考えるのは認知がゆがんでしまっているからなのかもしれないなとも思いながらやってます。人や組織に期待をしていないからこういう発送になっているんだろうという自覚があります。「どうせやれないんでしょ。」という。まぁ、でも、その時々で一番いいと思うことをやってみるしかないですね。人も増えてきたし私が自分の一番いいとおもうことをやることが許される状況なので、やってみてから考えようと思ってあまり深く考えずにやるようにしてます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。