Oculusの開発キットを入手したのを機に3D系のものをかじってみています。昨日、今日は凄いエンジンだと噂のUnityをいじってみています。

まずは感覚をつかみたいので上記の日本語チュートリアルを見ながらほぼその通りに操作してボールがガンガン跳ね返るものを作ってみました。

ほとんどコードを書かずになんというか、画面をこちこちいじるだけで簡単に動いてしまうことに驚きました。噂には聞いてましたが、ここまで簡単になってるとは…。昔、MSXでゲームを作ろうとしたけど、BASICで書いてもまともなスピードが出なくてなにやら16進数を直接入力しなくてはいけなくてわけが分からな過ぎて……といった時代との断絶感は恐ろしいものがありますね。技術の進歩って凄いです。

なんかやけに簡単なので、もうちょっといじってみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。