自宅のおむかいさんが色々あって引っ越されたのですが、そこに今度新たに引っ越してくる家族が挨拶に来てくれました。家族5人揃っていたので皆で挨拶をしたのですが、上の娘は小学5年生と中学2年生のお姉さんが近所に来てくれるというだけでもう喜んでしまって早く一緒に遊びたいとか学校に一緒にいきたいとかドキドキワクワクしています。まだ名前もしらないし一言も喋ってないのですけれども。

こうやって新しい人との出会いを純粋に喜べたり、楽しみにしたりできるというのは、自分以外の人のことを信じられているということだと思うのでとても嬉しく思います。そういう気持ちのまま成長していってくれますように。まぁ、他人を純粋に信じすぎてもいけない場面も残念ながらどこかでは出てくるのですけど、今は人を純粋に信じられることが大事だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。