ひつじこさんの2013年4月23日の日記が凄かったです。

元家庭科の教師の方で、いつもすごいなと思いながら日記を読ませてもらってます。教育に対する姿勢が、実際に自分の子供がいて何年も手をかけている中でこのレベルで感じるということが本当にすごいと思います。本当にいい先生だったんだろうと思います。そしてすごく変で失礼な書き方になってしまうのですが、よくこの感受性のままで教師をこなして、育児をこなしてここまで生きてこられたなと驚愕します。きっと色々と生きずらい世の中だと思う…。

うーん、でも、この日だけ読んでもすごいと思えると思うんだけど、何年も前から日記を読んでるから本当にすごいなぁと思うんだと思います。私も日記をもう15年近くずっとWebに公開して書いているんだけど通読したときに何か感じられることはあるんだろうか?わからん。子供が出来てからは自分の子供が将来読んだ時にちょっと元気になるような感じで書いておきたいと思い続けてるんだけど親の愛のようなものはこの日記から感じられるんだろうか。ひつじこさんの日記には愛が溢れまくっているわけだけれども。

うーん。ま、そのうち日記を見つけて読んでみたりするだろうからそうしたら感想を聞いてみよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。