現在Youtubeに注力してますので是非チャンネル登録お願いします!

胡田昌彦のコンピューター系チャンネル

この記事は約2分で読めます。

今日は本当は友人夫妻のところに家族みんなで遊びにいく予定だったのですが、下の娘が先日から熱をだしてしまったので断念。嫁さんが下の娘を病院に連れて行きつつ、上の娘の目が先日からちょっと赤いので私が息子とともに眼科に連れて行きました。下の娘はただの発熱でしたが、上の娘は結膜炎とのこと。

眼科の先生には「結膜炎ですねー」って当たり前のように言われました。結膜炎のことを今日まで私は全然知りませんでした。待合室で暇つぶしに色々と眼科の小冊子を読む中で結膜炎のことをはじめて知ったのですが、先生からも説明は特になかったし、かなりメジャーな病気なんですね?人生33年目にして知りましたよ…。

というわけで、目薬をもらってきて上の娘は自分で初目薬をさして喜んでいたりしますが、月曜日にはまた眼科に連れて行って、ウイルス性なのかどうかの判断基準をしてもらわないといけない感じになりました。ウイルス性じゃないといいですが…。

下の娘もただの発熱とはいえ、39度を超える熱がでており、何度も嘔吐しており、かなりかわいそうな感じです。心配してもかわいそうと思ってもどうしようもないのであまり考えないことにしてますけれども。

ところで1人なんともない息子は眼科ではとなりのおばあちゃんと仲良くくっちゃべったり、兄弟につられて甘えん坊になったりしています。いつも息子だけ喘息ってことが多いからたまにはいいかも。

みんな元気だったら遊びにいったり色々したかったんですけどね、残念。

コメント