今日は天気も良く、暑すぎず、寒すぎず外で遊ぶのにちょうどいい陽気だったので清水公園のアスレチックに家族みんなで遊びに行きました。初めて行ってから1年ちょっとくらいたちましたが、娘がしっかりと1年生になり、(水上コースを除く)全てのアスレチックに挑戦できました。怖い怖いと言って全然できなかったのに今日は自分から楽しんで冒険コースを全部クリアしていました。私の方がびっくりしてしまいました。コースの初めの方にある失敗すると水に落ちてずぶぬれになってしまうところにも果敢に挑戦。見事成功しました。大人でも失敗して落ちる人が多数いるような所なのでたいした物です。今日はずいぶんと自信がついたんじゃないかと思います。

それに比べると幼稚園年少の息子は「こわいこわい」となかなかできなくて、知らない人に助けてもらったりすらしておりましたが、自分の気に入ったものは10回も20回も「もう一回やる〜」といいながら何度も遊んでました。はじめのころはおっかなびっくりでしたが何度も挑戦するうちにしっかりとできるようになっていました。上の娘の同じ頃に比べたらはるかに運動神経はいいように思います。2人とも足はそんなに速くないのですが、器用型かもしれません。嫁さんは足が速かったそうなので、私に似たかな。

一方下の娘はもちろんまだアスレチックには挑戦できないので、そのあたりを手をつないで歩かせたり、眠たいけど寝たくなくてぎゃーぎゃー泣いたり。滑り台が面白かったようで、滑り台のうえをハイハイしたいのですが、もちろん人が滑ってくるのでずっとハイハイしているわけにもいかず。でも、それが納得いかなくてずっと怒ってました。あれは参った…。

清水公園から帰ってくると、家の前で近所の兄弟が遊んでいたので一緒に遊びました。私もあかんべー役をやらされて、ぼこぼこにされました(笑。小学1年生くらいだとまだ大人と一緒に遊んでくれていいですね。あと数年したら遊んでくれなくなるんだろうな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。