現在Youtubeに注力してますので是非チャンネル登録お願いします!

胡田昌彦のコンピューター系チャンネル

この記事は約2分で読めます。

家には電子ピアノが置いてあるので、ちょっとした時間があったら、子供達に音当てゲームをやらせています。目をつぶらせて音を鳴らして、それが何の音かあてるっていうゲームです。今まではあまりできず、ドレミファソラシドと鳴らしておいてからなにか音をならしてあてる……というのでギリギリだったのですが、ここ最近はそういうヒント無しでも上の娘はかなり音を当てられるようになってきました。歌もずいぶんうまくなってきたし、音感がずいぶんと良くなってきているようです。家族バンド計画に向けて着々と準備が……。

ところで、私は一応相対音感があります。絶対音感とはいかないのですが。音が鳴っているとそれは「ドー」とか「レー」とか鳴っているように聞こえるのです。なので、聞こえた通りに言えば当たるって訳です。でも、シャープ、フラットに関しても「ド」とか「レ」って聞こえちゃいます。C,C#,D,D#,Eと弾くと「ドドレレミ」ってきこえちゃうし、E,Eb,D,Db,Cとひくと今度は「ミミレレド」と聞こえちゃいます。半音の区別がつかないんです。ピアノの黒鍵にあたる部分にはなにか独立した名前がつけられていたら、きちんと認識できたんじゃないのかなぁとちょっと思う訳です(もう手遅れですが)。さらに、中学、高校とバンドでベースをやる中で、半音下げチューニングで演奏したり、ノーマルチューニングで演奏したりというのを適当にやっちゃったもんだから、それで圧倒的に半音ずれてしまった感があります。半音下げチューニングは音感的には危険ですよ!というほぼ誰の役にもたたない情報でした。

コメント