現在Youtubeに注力してますので是非チャンネル登録お願いします!

胡田昌彦のコンピューター系チャンネル

この記事は約2分で読めます。

今日は午前半休をもらって住宅ローンの借り換えの手続きその1に行ってきました。今日は借り換え先への申し込みの手続きで、実際にお金が動く時にはまた会社を休んで手続きに行かなければ行けないのですけどね。

当初2007年3月に30年固定の3.05%で借りて、2011年1月に20年固定の2.5%で借り換え、さらに今回2012年9月に10年固定の1.35%で借り換えという推移です。当初毎月の返済金額は10万程度、次が11万程度、今回が15万程度(って書くとほとんど全部わかっちゃうんだけど)。結果的に変動金利で契約しておけば……というのはありますがそれは結果論なのでいいでしょう。ちなみに契約の種類としては変動金利でさらに当初10年間のみ金利が安いプランを選んでいます。当初固定期間の範囲で借りると実質全期間固定金利になるのですがそれはありなのだそうです。そういう見方ができるサイトはほぼ無いので担当者の方に「良く見つけましたね」と言われました。嫁さんに調べてもらったので嫁さんに感謝。

当初は毎月の返済額を抑える方向で考えていましたが、これだけ期間短縮できたので、あとはもう子供達の教育費に一番お金がかかる前に返済を終わらせてしまおうという作戦に切り替えました。あと10年でも上の娘が16歳、中学1年生。中学受験はしない予定なので住宅ローンがそこで無くなってしまえばあとはかなり貯金して行けるものと思われます。

生涯のマネープランを書いたExcelを更新しないとな…。もしかしたら子供達のうち1人か2人くらいは私立に行ったり語学留学したりしても大丈夫なくらいに改善してるかもしれない。

まぁ、どこまでいってもこのあたりの話は自分や家族の健康が大前提で、自分が稼ぎ続けられること前提なんですけどね。逆に死ぬときは一思いに死んでしまえれば残った家族は大丈夫。中途半端なのが一番困りますねぇ…。不安は沢山ありますが、まぁやるしか無い。

ところで、借り換えの手続きをしてくれた担当者の方はきっと私よりも年下だったと思います。なんというか担当者が若いなーというよりは自分が年取ったなーという感じです。

コメント