現在Youtubeに注力してますので是非チャンネル登録お願いします!

胡田昌彦のコンピューター系チャンネル

この記事は約1分で読めます。

UNO。そうあの懐かしの。連休三日目は下の娘が軽く風邪をひいてしまったので みんなでお家でのんびりしてました。そこで嫁さんがUNOを買って来て家族みんなでやってました。

予想通り上の娘がはまって、何度もやりたがり、うまくできずに泣き…指摘されて泣き、負けて泣き…ということが何度も繰り返されました。

はじめのうちは負けても泣かなかったので、成長したね~って褒めてたんですけどね。

UNOは出せるカードを持っててもわざと出さないことでいくらでも「勝たない」事ができるのでその点では楽なゲームです。小学1年生や幼稚園生 とゲームしてると大人は調節が大変だし何十回もやるとなると精神的に結構辛いです。昔、親父と良くオセロしたり、囲碁したり、将棋したり、トランプしたりしましたが今更ながら大変だったろうと思います。自分もしてもらった分、子供たちにしてあげようと思います。

コメント