現在Youtubeに注力してますので是非チャンネル登録お願いします!

胡田昌彦のコンピューター系チャンネル

この記事は約3分で読めます。

今日は嫁さんが簿記検定3級と2級をダブルヘッダーで受けました。特にそれ系の過去の知識はなく、4ヶ月ほど前から本屋さんで本を買って毎日独学でコツコツ勉強してました。家事も育児もあるので勉強時間は取れないはずで、いつも私が帰ってきてから、嫁さんが寝るまでの間の1時間30分〜2時間程度の時間と休日の何時間かを勉強時間にあててました。どの程度の難易度の試験なのか私は良く知らないのですが、嫁さんはこういう勉強は得意なので合格してるんじゃないかと思います。

嫁さんは私と会社で同期で、昔はITエンジニアでした。あるときから資格試験に精を出してMCSEも取得してました。MCSEになるためには7科目合格しなくてはいけなくて、ちょっとやそっとじゃなれないんですが、そのときも黙々と勉強して1つも落ちずに全部合格していたと思います。私もMCSEは取ってないんです…。いや、そりゃ時間を確保して勉強すれば取れる自信はおおいにありますけどね、やっぱり継続して時間を確保して、勉強し続ける…っていうことをできるのはすばらしい才能ですよ。本当に。テレビのクイズ番組なんかを見ていても、知識を問われる問題でも、発想力を問われる問題でもバンバン正解してますし、本当に頭の回転が早いです。学生時代も勉強は良くできたらしいです。

そんなに勉強できるし、努力も継続してできるのだけれども、ここ6,7年ほどはほとんど家事と育児ばかりしていてちょっともったいないと思ってます。もちろん本人は子供を3人持つ事が夢で、それが今叶っているわけだからそんなに「もったいない」という感覚はないと思うのですが、やっぱりもったいないと私は思ってます。一番したの娘が小学生になる頃にはちょっと働こうかなという事を話しているので(家計的にも働いてもらう必要はあるのですが)何がいいだろうかということは考えていると思います。それもあって今回の受験にもつながっている訳です。(おそらく)

どうせ働くのなら単に自分の時間を切り売りして「お金を稼ぐためだけの仕事」をするのではなく、自分の「やりたい事」、「やっていて嬉しい事」を仕事にしてもらいたいなと思います。極端に言えば、そういう仕事がもしも見つからないなら、子供達に勉強を教えたりして教育費用を削減することでよしとして働きに出ないでもらった方がいいと思うくらい。そういう風に今、思っています。嫁さんなら大学受験とかまで教えられると思うし。……でも、子供がそういうのは嫌なのかもしれないけど。そこは自分が親からその頃に教えてもらった事が無いのでわからないですが。

ところで嫁さんが試験を受けている間は私が子供達3人の面倒を見てました。下の娘がすっかり自分で遊べるようになってて、みんながわいわいしている部屋の中にいれば1人で勝手にハイハイ気味にバタフライで移動しつつ、おもちゃをガシガシやっててくれました。上の娘と息子は一緒に遊んだり、兄弟喧嘩をしたり。まぁ賑やかで、ひとつも退屈しませんでした。

子供達もお母さんが毎日勉強をしている姿を見る事でちょっとは刺激になった……とは思いませんが、「勉強する」ということが自然な事だと感じたのではないかと思います。もうちょっと大きくなったら「みんなで勉強する時間」とか作れるようになるかな。なったらいいなぁ。

まぁ、そういう事もあって、私が仕事から帰ってきてからの時間は嫁さんの1日の中での貴重な自由時間なんです。同時に私にとっても3人の子供達とふれあう貴重な時間なんです(忍耐力はすごく必要ですけどね!)。なので、会社の人と飲みに行ったりすることもほぼ皆無ですし、残業もしませんし、トラブルやらなんやらで定時に帰れないとすごく残念な気持ちになる訳です。お昼休みは私の貴重な1人の時間なので色々やってますし……というわけで私は相当つきあいの悪い人間です。でも、今はそれでいいと思ってます。どうせ子供がもうちょっと大きくなったら一緒に過ごしてくれなくなるのはわかってる訳ですから。というわけで、飲み会等参加は稀になりますし、休日に家族をおいての行事への参加等もなかなか難しいので、暖かい目で見守って頂ければと思います……>関係者の皆さん。

コメント