現在Youtubeに注力してますので是非チャンネル登録お願いします!

胡田昌彦のコンピューター系チャンネル

この記事は約2分で読めます。

今日は会社を休んで、息子と一緒に遠足に行ってきました。今まではずっと嫁さんが下の子を連れて遠足に行っていたのですが、さすがに大変…ということで今年は私が行く事になりました。行った場所は茨城県自然博物館。思っていたよりも大きな博物館で楽しかったです。着いて、写真など取った後で芝生の広場で子供達とリレーなどをして遊んだり、一緒にお弁当を食べたり。

お弁当を食べ終わる前に遠くの方で雷がゴロゴロなってきて、これは降るな、と思ったのですが団体行動のためすぐに動けず、案の定雨に降られてしまいました。すごくいい天気だったところから雷雨になるまで時間にして5分も無かったと思います。思ったよりも天気の変化が早くてびっくりしました。遠くで雷がなったらすぐに逃げ出さないとダメですね。本館まで逃げられなかったので、巨大なトランポリンの下で一時雨宿りをして、それから本館に移動。結果的にはそれほどぬれず、遠足の一番印象深い出来事になりました。

その後、本館内でマンモスや恐竜の化石を見たり、等など。息子は宇宙や天体、隕石等が面白かったらしくずっとその辺りにいて、結局全部は見て回れませんでした。博物館自体かなりいい感じだったし、自宅から1時間ちょっとの距離だし、思ったより放射線量も低かったし(土、芝生の上で0.1μSv/hを下回る程度)たびたび来ても良さそうな感じでした。

そして最後に印象に残ったのがトイレ。当日は遠足ラッシュで4000人くらい幼稚園生や小学生がいました。そして、帰りのバスに乗る前にはトイレを済ませる…ということになっているし、だいたい帰る時間もかぶるのでトイレが大混雑してました。付き添いは母親ばかりなので、女子トイレは大混雑で男子トイレは比較的すいています。なので小さな男の子たちは1人で男子トイレに放り込まれる事が多く、私が知らない子もかなりサポートさせてもらいました。で、そこまではいいのですが、いよいよ時間が無くなってくるとお母さん軍団が男子トイレの中にまで大量に侵入してきてしまってかなりカオスな事になってました。さすが母親……。

息子は終始ご機嫌。楽しかったようで何よりです。私もいい思い出になりました。

コメント