現在Youtubeに注力してますので是非チャンネル登録お願いします!

胡田昌彦のコンピューター系チャンネル

この記事は約2分で読めます。

ここのところ娘がずっと「天才子役」に「あたりたい」って言ってます。応募してくれって毎日言ってて、すぐにしてあげないものだから悔しくて1人で泣いてたりします。テレビで「天才子役」とかいって煽るから……とテレビに文句を言いたくなってしまいますが、テレビを見せてるのは親ですからね。文句は言えません。

頭ごなしに「だめ」って言うのは簡単なのですがせっかくそこまで強い気持ちがあるのなら納得するまで(まぁすぐ納得するでしょうし)やらせてみてもいいかなとちょっと思ってきました。純粋に自己表現力を向上させるっていう観点ではいいことですしね。いま新体操を習ってますが、そっちをやめて同じくらいの費用でレッスンする…ってのはありかもしれません。とりあえずのイメージとしては「書類審査→落選」とか「書類審査→面接でダメだし→落選」とか「一応事務所所属→レッスンするだけ」とかそういう感じ。……と、思ってちょっと調べてみたらオーディション自体で費用がかかるところとか、ほとんど合格して登録料やレッスン料で稼ぐところばかりの模様。入学金やレッスン料もかなり高いところが多いらしく。さらには変なところに入るとAVまがいに出演させられるようなケースもあるのだそうで。さすが芸能界……。

一方、お金だけ払って登録だけするような所もあるらしく。まぁそういうところは登録させるだけさせて登録料をせしめて、基本的になにもしないところが多いようです。それって意味があるのか?とおもいますが、需要があれば供給があるってだけの話なのでしょう。

「娘が『やりたい』っていうものはなんであってもまず挑戦させてあげよう!人生経験!」って思ってて、だから新体操も本人がやりたいっていうからやらせてるのですが、芸能界とかそういう方面の話が出るとは思っておらず考えが甘かったです。

などなどTwitterでつぶやいてたら@yoshiteさん(本など作られている方)がアドバイスなど下さって感謝。

とりあえず短期的に娘を納得させるために明日、以下のあたりに応募だけしようかとおもう。どちらもレッスンまで含めて無料。まぁ合格するわけはないのですが…。

本当は「不合格」って通知がきてそれを娘にみせたいところだけど、1ヶ月程度の時間稼ぎにはなるだろうと思うので、娘とももうちょっとよく話をしないとなと思います。ただ、どこまで「現実」を伝えるのかというのは難しいところです……。

コメント