現在Youtubeに注力してますので是非チャンネル登録お願いします!

胡田昌彦のコンピューター系チャンネル

この記事は約2分で読めます。

とあるお客様のところで今度BPOSからOffice365に移行します。BPOS導入時には結構苦労して、SharePoint周りの部分のお客さんの要望を実現するために結構がりがりと仕組みをいじってしまいました。アイテム表示、編集ページを新規に作成してカスタムコントロールを入れてあったり、JavascriptでWebサービスをたたいてSharePointグループの一覧を動的に取得していたり、対象ユーザー列に入る裏側の文字列をさぐりあてて、その文字列をアイテム投稿後にワークフローで作成して埋め込んでいたり…。さらにAD側のグループをSharePointグループとして自動生成するプログラムをC#で作成していたり…。コンテンツクエリウェブパーツのアイテム表示スタイルを変更していたり…。

というわけで、Office365への移行をするにはそのあたりの動作確認をしなくちゃいけません。でも、BPOSからOffice365への移行は好き勝手にできません。でも、MSのバージョンアップは待ってくれません…。というわけで色々苦労して検証環境の準備と移行タイミングをMSとすり合わせて調節してもらって…というところまでやっとしたと思ったら、お客さんから「検証だけの費用が高すぎるのでは?削れないか?」という話が出てきたそうです。

お客さんにしてみれば「クラウドサービスのバージョンアップ」なんですから勝手に何もせずにバージョンアップしてほしいところに何百万も…といわれたら「え!」って思いますよね。それはそうだと思うのですが、BPOS導入時に「標準の機能のままでは使い物にならない!」となんとかして実現させてほしいと頼んだのもお客さんであり…。このあたりどういう方向にもっていってあげるのが本当にお客さんのためになるのか。よく考えないといけません。

これは何もクラウドサービスに限った話ではないのですが、移行テストすら自由に繰り返しできないような状況になってしまうので本当にシビアな問題になります。やはりクラウドサービス…というかMicrosoft Onlineは標準機能だけで満足するお客さんにはお勧めできるものの、それ以外には…という気がします。

コメント