現在Youtubeに注力してますので是非チャンネル登録お願いします!

胡田昌彦のコンピューター系チャンネル

この記事は約2分で読めます。

疲れてすごく眠たいけど日記だけ書いておく。

今日は有給を取って娘の新体操の発表会を見に行きました。去年は震災の影響で発表会自体が無くなってしまったので最初で最後の幼稚園の仲間たちとの演技です。みんなちっちゃくて、広い体育館のフロアをちょこまかと走り回っていてとても可愛かったです。娘たちもしっかり立派にできました。すごくできは良かったんじゃないかと思います。息子は娘の友達のお兄ちゃんにずっと一緒に遊んでもらってご満悦。下の娘はずっとスリングの中でおとなしくしてました。

でも、今日はちょっと拍手が少なかったですね。みんなビデオ取ったり写真とったりも良いけど、もっと拍手してあげようよ。前から3列は発表をしているグループの保護者だけがすわれるっていうルールなのにそこにずっと座り続けている人も多かったし、自分の子供の時だけ一生懸命ビデオ取って、それがおわったらもう他の人たちの演技なんてほとんど見てないような人も多くて、一番最後の方の順番の年齢が上の子たちがかわいそうだった。そしてやっぱり人数も相対的にかなり少なかった。自分の娘には「おねぇちゃんたちがやってるのをしっかり見ておきなさい、すごく上手だよ。いっぱい拍手してあげな。」と伝えたらきちんと座ってみてたようだけど。

というわけで、一生懸命拍手するたびに娘が「うるさいなぁ」って起きてしまうというのをずっと繰り返してました。すまん、娘よ。

娘は発表会が終わった後でおつかれさま会&引っ越しをしてしまう友達の送別会に、帰って来たのは夜10時。小学校入学前の子供には遅すぎる時間だけど、最後くらいいいかな。良い思いでになりますように。

コメント