現在Youtubeに注力してますので是非チャンネル登録お願いします!

胡田昌彦のコンピューター系チャンネル

この記事は約3分で読めます。

今日は家族5人で東京ディズニーランドに行ってきました。家族5人でディズニーランドに行くなんて本当に「家族」って感じがします。私は茨城県鹿嶋市の出身なので、そこまで遠くなく、高速を使えばそれなりの時間でディズニーランドまで行く事ができました。朝早く家を出て、帰りは遅くなりすぎないようにちょっと早めに出て。もっと夜遅くまでいたいのに帰らなくちゃいけないのが残念でした。本当に夢の国のようで、何度行っても不思議で幸せなきもちになったのを良く覚えています。

もうそういう頃から20年以上たったんだなぁ、自分が親父になったんだなぁと改めて思いました。親ってもっとずっと遠くて特別で揺るぎない存在のようにおもっていたけど、全然そんな事無いんだということが今になってみるとよくわかります。とても疲れたし。

今日は朝8時過ぎに家を出て、ナビに任せて6号〜環7経由で往復したら行きも帰りもおよそ1時間くらいでした。思ったより混雑しなかった印象です。次回は千葉県内で南下するルートで行ってみたいな。そっちの方が距離は近いけど、ちょっと混むのかな。

東京ディズニーランドは相変わらずでした。震災があったからもうちょっとその爪痕があることを覚悟して行ったのですが、おもったよりも相変わらずで、さすがにすごいなぁと思いました。とはいえ、よく見ると地面に亀裂がはいった後があちこちにあったりしてましたけれども。子供たちは予想通り大はしゃぎで、連れて行ってよかったです。上の娘はもうしっかりと自分の意見を持ってあっちに行きたいこっちに行きたいと言えるようになって。トイレに行こうっていったら何もいわなくてもキャストに「トイレはどっちですか?」なんて質問できたりして、成長を感じました。真ん中の息子は相変わらずのマイペースを発揮して、お昼ご飯は1時間くらいかけてのんびり食べてるし、待ち行列のなかでは後ろにいた女性4人組をナンパしてかまってもらって、しまいにはみんなに抱っこしてもらったり、一緒に写真を撮ってもらったりして。下の娘はベビーカーとスリングでずっとおとなしくしながら、あちこちを見てびっくりしておめめまんまるって感じでした。

小さい子供をつれていると、あちこちでみんなが優しくしてくれたり、「かわいいね」って行ってくれたりして嬉しいです。

そして、下の娘がまだ座る事すらできないので、結構できないアトラクションがあります。なので、嫁さんがみていたり、私がみていたりして3人で乗ってくる…って事が多かったのですが、そういうときに自分はアトラクションに行かなくても子供たちが興奮して帰ってくるところをみるだけで満足できました。こういうところは本当に自分が「親」になったなぁと感じます。小さい頃は私の母親はアトラクションに参加せずに待っている事が多かったのですが、こういう気持ちだったのかなと思ったり。でも、我が家は4人家族だったけどな?

ところで、娘は「スペースマウンテンに乗りたい」と行く前からずっと言っていて、喜びいさんでFastPathまで取って乗りに行ったのですが、帰って来たら涙ぐんでました。怖かったそうで、もう二度と乗らないそうです(笑。

コメント