現在Youtubeに注力してますので是非チャンネル登録お願いします!

胡田昌彦のコンピューター系チャンネル

この記事は約1分で読めます。

ここのところおねしょをよくします。夏の暑いころは汗になっていたけれども、涼しくなってきたから、というのもあると思いますが、ここ数日は結構な頻度で。

私の記憶に残っているおねしょは1度だけで、それなりに大きく(小3くらいかな?)なってからです。恥ずかしかったし、絶対に怒られると思っていたのですが「いいよいいよ、ひさしぶりだし。」といって、にこにこと叱りもせずに母親に対応してもらったのを今でも覚えています。それがとてもうれしかったことも。

娘の記憶にはどういう風にのこるんでしょうかね。父としてはできればおねしょですら暖かい記憶としてのこっていてほしいなと思うんだけれども。

コメント