現在Youtubeに注力してますので是非チャンネル登録お願いします!

胡田昌彦のコンピューター系チャンネル

この記事は約1分で読めます。

本って面白いですし、密度が濃いですね。ネットに慣れきっていると本の濃度の濃さがものすごく素晴らしいものに思えます。いや、もちろんネット上にだって濃度の濃いものはあるわけですが、やはり本の物質的な”重さ”を感じながらだとまた違いますものね。「何を当たり前のことを」と思う方が多いとは思いますが。

娘も本が好きなので、自分で本を選べるようになったら大きな本やさんにたくさん連れて行ってあげよう。

コメント