現在Youtubeに注力してますので是非チャンネル登録お願いします!

胡田昌彦のコンピューター系チャンネル

この記事は約1分で読めます。

今の家に引っ越してきてから2年くらいになるのですが、明らかに「なんでここに道がないんだろう」という場所があります。いつも仕方がないので大回りをしていて不便だし、自動車も迂回路として家の近くの細い道を通るのでそれほどではないにしろ嫌だなぁと思っていました。

この間近所の知り合いから署名のお願いが回ってきたのですが、それが「都市計画道路3・3・7号(幸谷・二ツ木区間)」に関する話で、緑の保全(関さんの森の保全)のために、計画を変更させようというものでした。その段階では「事情がわからない、特に市のほうの言い分を全く聞かずに署名はできない」ということで署名はしませんでした。

最近の回覧板には今度は松戸市側の言い分が書かれたパンフレットが同梱されていました。それを見るとそもそも緑の保全を訴えている団体が出している案のなかで保全すべきとされている範囲とはまったく別の範囲が書かれており「?」という感じでした。さらに地権者から出されているという案の経路もなんだか違うし・・・。

ということで、ネットで検索してみるとありました。

まだよく読めていませんが、地域住民としてはよく理解して、自分の立場を明確にしなくてはいけない気がしています。会社でお昼休みにでも読もうかな・・・。

コメント

  1. えび より:

    都市計画道路3・3・7号線 地権者から代替案 松戸市議 中田 京 の 「やっぱり言いたい!」/ウェブリブログ <http://kyo-nakata.at.webry.info/200711/article_2.html>
    こんなブログも。