現在Youtubeに注力してますので是非チャンネル登録お願いします!

胡田昌彦のコンピューター系チャンネル

[trip][thinking] 帰国

この記事は約2分で読めます。

今日、日本に帰ってきました。大連に行く前は結構不安なところがありましたが、向こうでは色々周りの人に親切にしてもらったり、お客さんにもてなしてもらったり、中国の学生の熱意に触れたりしてとてもいい経験になりました。料理もおいしかったし。(相当いいお店にばかり連れて行ってもらったのもありますが)

一番感じたのは中国のパワーといい加減さです。近代的なビルと荒れ果てた住居、高級車とリアカー色々なものが雑多に混ざり合っていました。貧富の差も相当なものであると実感しました。私はチャン・イーモー監督の描く中国の素朴な感じが好きだったのですが、それはやはり古きよき中国、あるいは中国の田舎の光景であるということが良く分かりました。

日本がそう遠くない未来に中国に抜かれるというようなことはよく言われていますが、まぁ、そうだろうなと思います。もちろんそうなるまでには色々と超えなければいけない壁があり、すぐにという話ではないと思いますが、底力という意味合いでは、相手にならないのではないかと思いました。人口めちゃくちゃ多いし。

今回の旅行では、自分のつたない英語でもホテルの中国人とのやり取りなどでは問題ありませんでした。でも、英語が通じるのは一部で、そのへんのお店なんかに行っても英語なんてまぁ通じません。中国語も学んでみたいという気持ちに今はなっています。でも、その前に英語をもうちょっととも思いますが・・・。

物。物はあふれてました。マーケットに行くと、ものすごい量、種類の商品がずらりと。もちろん場所にもよるのだとは思いますが、少なくともあるところにはあふれてます。人々も太った人も多くいますし。

 

で、まぁ、結局私はもっとがんばらなくてはいけない、と強く思うのでした。家族にたいしても、仕事にたいしても、何にたいしても。

私はもっと色々と世界を見て回らないといけない気がする。移動費がもっと安ければいいのだけれども。

コメント