[work] 大連。1日目。

中国、大連の第一印象。空気が悪い・・・。着陸のほんの十数秒前まで、まるで雲の中にいるかのような感じ。東京もたいがい空気が汚いなぁと思っていましたが、こちらはそれ以上です。

入国審査。何語でしゃべるんだろうか、やっぱり英語かなぁ、とか、前回アメリカ出張のときに「for business」と正直に答えてつかまったから今回は観光で・・・などと考えていたのですが。・・・。特に何もしゃべらずに通してくれちゃいました。他の国では少なくとも一言二言はしゃべっていたのでびっくり。お国柄か・・・。

空港からホテルまでタクシーで移動。信号がほとんど無い。運転みんな荒すぎる。写真とドライバーが別人。片側3,4車線ある道を信号の無いところ(というかそもそも信号が無いんだけど)を人が1車線ずつ横断してる。うわさには聞いてたけど、なかなかのものです。クラクションもあちこちでなりっぱなし。下手なジェットコースターより怖い。とりあえず移動するだけでぐったり。疲れる。デモ、値段は安い。20分走っても、300円とか。感覚的には日本の10分の1程度かな。

大連は海が近く魚介類がおいしいそうで、色々と食べる(ご馳走してもらう)。すごくおいしかった。生きているえびをそのまま食べるのはちょっと抵抗があったけど。(共食いである。)

中国の方に景色のきれいなところに連れて行ってもらったりしながら、話などをした。話の中でちらっと「60歳以上の人はみんな日本語がしゃべれる」とか「あそこの鉄道の駅は満州時代にね・・・」とか、そういう話を聞くと、不思議な気持ちになる。自分にそういう経験はないし実感もなにも無いけれども、いったいみんなどうやって気持ちの整理をつけているんだろうかと思う。ついてないのかもしれないけど。

あやしいお店には着いていかずに、ホテルの1階のバーで飲みながらこれを書いているわけですが・・・、ここでこうしているとここがどこだか良く分からなくなります。周りの人が話している声が無かったら日本だと思うと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。