1件のコメント

[exchange][programming][script] Exchange Server 2007のキュー監視をPowerShellスクリプトで

先日、要望があったので、Exchange Server 2007のキュー監視をPowerShellで行うスクリプトを試しに書いてみました。PowerShellでのスクリプト作成はほとんどやったことがないので、色々と試行錯誤をしながら。

配列に対して配列を追加していく際に、2次元配列になることを期待していたのに1次元の配列になっていて、それに気がつかずに混乱したり、変数を初期化しているつもりなのに正常に初期化されず以前の結果が表示されて混乱したりしましたが、基本的なところはおおよそ理解できた気がします。

PowerShellで普通に書くことのできる記法やコマンドをスクリプト内で直接使えるので、すごく記述量が少なくて幸せです。.Net Frameworkのクラスも直接扱えるし、もうVBScriptやJScriptではスクリプトを書きたくなくなってしまいました。

PowerShellお勧めですよ。あとはどれだけ普及してくれるかですね。Vistaに標準搭載じゃなかったのは痛い・・・。(VBScriptやJScriptでスクリプトを書くのはそれがほぼ全ての端末で動作するからなので)

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。