現在Youtubeに注力してますので是非チャンネル登録お願いします!

胡田昌彦のコンピューター系チャンネル

この記事は約3分で読めます。

このエントリ|http://ebi.dyndns.biz/diary/20060107.html]]トラックバックに関する話題を書いてみたら、[[はてなブックマークでコメントいただきました。噂どおりこりゃ気がつきにくいわ・・・。コメントをくれた方々、ありがとうございます。

コメントをくれた皆さんは能動的リンクでなければ無いのと一緒で、リンクがあれば良いってもんじゃないという意見のようですが、その意見には私も大筋で合意します。

でも、それってどこまで行ってもそういう考え方をしている人の意見ですよね。これだけネットを利用する人口、Blogを利用する人口が増えてきたときに、自分とまったく違う考え方、使い方をする人を「もともとそういうものじゃないんだから」ということで切り捨てるのももったいない気がします。「もともとそういうものじゃない」かもしれないけど、「確かにそういう使い方もあるよね」と認めてそういう人でも使いやすくしてあげることも検討の価値はおおいにあると思います。前回のエントリでも書いたように、たとえば50も100もトラックバックを送るような人なんかのために。(そして、それを受けるひともまったく同じような使い方をして、それでお互いが幸せであるような場合に)

takoponsさんの意見
“”ユーザからの「リンク自動追加の要望」に素直に従って実装してしまうサービス会社が出てくるハズだ。 それはサービスなのか?
これに関しては、サービスだと思います。そういう需要があるわけですからね。需要があるところに供給すればそれが倫理的に間違っていようとも、まったく理解できなくても、あほらしくてもサービスではあると思います。ソープランドだって、ギャンブルだって、メイド喫茶だって立派なサービスだと思います。(私はどれも利用しないけど)

ekkenさんの意見
“”スパムが正当化されるからダメです。
こちらはいわんとしていることがいまいちよくわかりません。ごめんなさい。ここでのスパムの定義があいまいですが、本当にサイトの広告のことを言っているのであれば、スパムを送っている本人はいつの時代も自分のことを正当化しているから、まったく関係ない気がします。本人はスパム意図が無いけれども、受け取った側ではスパムに感じるようなケースの場合。意図のすれ違いなのですから、何がどうということも無いような?

ところでトラックバックスパムに関してはこれからメールにおいてのスパムとスパム対策と同じようにいたちごっこが始まるんでしょうね。やれやれ。

ところで、勘違いしないでおさえておいていただきたいのは、前回のタイトルでも書いたように「トラックバック送信先に自動的にリンク貼る機能があれば問題の10%くらいは解決すると思う」ということなので、こういう機能を追加することによるデメリットももちろんあるだろうことは理解しています。でも、トータルでみるとちょっとは良いほうに向かうだろうというのが私の意見です。単純に技術的な話でいけばこういうことは歯止めがかけられるわけではないですからね。近い将来は、こういった誰でも考え付くけれども、人によっては改悪だと思えるようなものは何でもかんでも実装されて、その機能のON/OFFは個人が選べるようになるのではないでしょうか?

コメント

  1. えっけん より:

    ekken こと えっけんです。
    「スパムが正当化されるからダメ」がご理解いただけなかったようなので、URL貼り付けて立ち去ります。
    むだづかいにっき♂:トラックバック送信先自動記録機能はいらない!
    http://blog.goo.ne.jp/simauma_dx/e/7e3bfcc2608df2f934049d2cfe4e39e9

  2. えび より:

    >えっけんさん
    コメントありがとうございます!読ませていただきますね!