現在Youtubeに注力してますので是非チャンネル登録お願いします!

胡田昌彦のコンピューター系チャンネル

[work] 社内ブログにおけるトラックバック

この記事は約2分で読めます。

社内ブログに関して考えたときには「ブログって何だろう?」というレベルのひともいることが大いに考えられます。そこに、コメントはまだいいとしても、「トラックバック」という概念が入り込んでくると難しすぎるのではないか?などと考えております。
まずはトラックバックとはなにか?というところでは簡単に詳しく説明してくれているサイト紹介する。たとえば、3分でわかるトラックバックなど。これはこれでいいとして・・・。
でも、やっぱりそんなに単純じゃなくて、トラックバックの使い方に関して、現在Web上でも議論がなされている時期で、まだまだ成熟してい無いのではないかと感じています。
たとえば、「言及リンク」を本文に含めるべきかというような話。この話に関してはただただしさんの「言及リンクのないTrackBackの何がいけないのか」というエントリが非常にわかりやすいです。(と、ここでTrackBackを打ってみるが、これは正しい使い方なのだろうか??)
私は自分の意見を持つほどには経験がないのでなんともいえませんが、情報共有、コミュニケーションツールとしての社内ブログを考えたときに、TrackBackとは何ぞやとか、どのように使われるべきかというのは事前に検討すべき問題ですね。
でも、「トラックバックというのはこういうものです。」といった上に「トラックバックするときには言及リンクをするようにしてください」なんていうことがシステムの運用上成り立つかというと・・・?かなり微妙といわざるを得ないのかなと思います。ユーザー教育のレベルを通り越しているような。
でも、エントリ間の有機的なつながりを形成するのとしないのとでは情報としての価値が違ってくると思いますし・・・。コメント欄にいちいち「関連するエントリ書きました。URIはこちらhttp://…」って書いて回るのもいけてないし。
個人的には、エントリへのTrackBack元の一覧表示に加えて、エントリへのTrackBack送信先の一覧表示機能をつけるべきなのではないか・・・なんて思いますけれども。さてさて。
でもまだ、自分の意見を持てるほどには経験値が稼げていないので、もっと自分で使ってみないとだなぁと思っております。
というわけで、TrackBackプリーズです。

コメント