現在Youtubeに注力してますので是非チャンネル登録お願いします!

胡田昌彦のコンピューター系チャンネル

[tips] Dosで日付、時刻を扱う

この記事は約1分で読めます。

バッチファイルなどで、定期的に情報を出力する際にまったく同じファイル名では上書きor追記になってしまうためファイル名に日付をつけたいようなときがあります。このような際に、標準のDosの機能だけでは実現できないように思いがちですが、実はDosの機能だけで実現できてしまいます。

for /f "tokens=1 delims=/ " %%i in ('date /t') do set year=%%i
for /f "tokens=2,3 delims=/ " %%i in ('date /t') do set day=%%i%%j
for /f "tokens=1,2 delims=: " %%i in ('time /t') do set time=%%i%%j

上記のコマンドを実行すると環境変数のyear, day, timeにそれぞれ値を取得できます。あとは、情報の出力先のファイル名に、これらの環境変数を使ってあげればOKです。

情報出力.exe > %year%_%day%_%time%の情報.txt

結構便利です。

コメント