練馬Jazz祭りでの演奏 3曲

もう随分前になっちゃいましたが、やっと練馬Jazz祭りで演奏した3曲をYoutubeにアップロードしました。次女の撮影がフリーダム過ぎてその調整(全然しきれてないけど)に無駄な時間が…やっぱりカメラは固定で取るに限る…。

Jazzという名前がついている音楽イベントでの初演奏3曲。記録しておきます。

昔に比べたら随分自由に演奏できるようになりました。

次女のプレ誕生日

9月29日…が次女の誕生日。あいにく29日には長女の演奏会があって1日自由に…というわけには行かないので、前日の今日ディズニーランドに連れて行ってあげました。

色々と家族の事情もあり今回は初めて私と次女のふたりっきり。次女に計画を建てさせたら朝は開演前からならび夜も8時まで遊んでから帰途につくという結構なハードスケジュールとなりました。

それでも、次女は甘えたりせず自分の力で行動して、楽しんで、すごく成長を見せてくれました。最後自宅近くの駅についてから夕食にしたのですが、夕食が終わったあたりで気分が悪くなってしまいましたが…、それでも自宅に帰ってきてお風呂にはいってあったまったら復活しました。

次女ももう明日で8歳。月日が立つのは本当に早いです。一緒に遊べるうちにあれこれ遊んでおかなくちゃなと改めて思うのでした。

そして、私も疲れた…。

練馬Jazz祭りで演奏してきました

9月21日に練馬Jazz祭りにて演奏してきました。

「Jazz」という名前がつくイベントに、ライブバー(Throbber)で知り合った仲間と一緒に。「こうできたらいいなぁ」と思っていたことができてよかったです。

小学校のときはピアノ、中高ではロックバンドでエレキベース、大学ではリコーダー、ずいぶんブランクがあってからママさんブラスバンドでエレキベース、そこからJazzでベース(とドラムをほんのちょこっと)。音楽歴自体は結構長いのですが(17年くらいはやってる…)、ずっと譜面を丸暗記して演奏することばかりしていました。「自由にアドリブができるようになれたらいいなぁ」という憧れを昔から持っていましたが、なかなかそれはできなかったし、取り組む方法論がわかりませんでした。でも、Jazzをはじめてベースラインを自分で作るようになり、アドリブソロに取り組むようになり、やっとそれなりに自分の今の力量としては納得のできる演奏ができるようになってきました。

まだまだ力不足で納得いかないことも多いですが、やりたい事がどんどんできるようになってる感があるのが楽しいです。そして、決まった事をやるのではなく、その場のノリで色々と変化が起きるのが楽しいです。

もう私もそろそろ40ですが、まだ40なので、まだまだ楽しめるなど思ってます。以前の計画では、ある程度ベースで演奏できるようになったら他の楽器、ドラムや、ギターなどに取り組む予定でしたが、さてどうしようかなという感じです。

いくつになっても自分の成長が感じられるのは嬉しいですし、モチベーションが湧いてきます。

これから先も楽しんでやろうと思います。

首が痛い

今日は子供たちが夏休み最後の日でした。長女はそれでも朝から部活…でしたが、13時でおしまいということだったので、家族みんなでのんびり近所だけれどもはじめて行くお店までお散歩して、のんびり昼食をとったりしました。

長女の部活が夏休みの最後だけ1週間くらい休みだったのですが、こういう時でもないともう家族5人でっていう機会がほとんどないなぁと思うのでした。私の両親にはもう長女は半年以上顔見せてない気がする。

さて、まぁ、そんなこんなでのんびりやってますが、私はなんだか首が凝ります。これって首が凝ってる感じがしてるけど、やっぱり神経にもつながる話なのかなぁと思ったりしてます。下手にもみほぐしたりするのもなんだか悪くなりそうで、微妙です。

あ、そういえば、息子が今日も昨日に引き続き地元のお祭りで友達と遊ぶんだ!と意気込んででかけていったけれども、帰ってきて泣いてました。どうやら色々と自分の思う通りに行かなかったらしく。

まぁ、それも人生ですね。ちょっとかわいそうだったので、一緒にお風呂に入って(私は2回目)、その後スマブラでボコられてあげました。

 

両腕が長時間痺れた話

ここのところずっと日記を書いていませんが、たまに「これは書いて記録しておかないとな」と思うことがあったら、数日経ってしまっても書くようにしています。そして、最近はそれが自分の健康の事なのが悲しいです。そして今回も私の健康のあまり良くない話。

8月27日に会社を出て家に帰りだしたころ(18時ごろ)に気がついたのですが両腕に軽いしびれがありました。あれ?とおもったけど、そのまま帰宅しましたが、だんだん痺れはひどくなり、家についた頃にはかなり不快な感じに。そのうち治るかと思ったら全然収まらず…。

どうしてもその日中にやりたい仕事があったのでPCはいじってたのですが、キーボードを打つのも不快すぎてまともに継続できない感じでした。

なのでどうしても、ということだけやって早めに就寝…しようと思ったのですが腕が痺れて不快すぎてなかなか寝られず。こんなに長時間痺れを感じ続けたのは人生ではじめてだったので結構不安な感じでした。

結局寝て起きてもまだ不快な感じが残っているので病院に行きました。一晩寝て随分痺れは軽くなったのですがそれでもまだちょっと、という感じ。

結局お医者さんに見てもらって、お医者さんとしては下記の見解とのこと。

  • 脳が原因の場合には半身に症状が出るので両手両腕ということであれば脳ではない
  • 首が原因である可能性が高い
  • (首のレントゲンをを見て)骨は正常
  • 首の椎間板ヘルニアの可能性が高い

とりあえず薬を出してもらって、しばらく様子を見ましょう、ということになりました。次は9月9日に見てもらう予定になっています。

とりあえずその日から薬を飲みはじめて、そこからは症状は無いのですが、この間の逆流性食道炎の薬と合わせて毎食後に薬を沢山飲んでるので、すっかり不健康になった気分です。いや、本当に不健康なのですが。

朝食後に薬を4錠。昼食後と夕食後には3錠。晩御飯を食べてから寝るまではなるべく時間を空けるようにして、食事もなるべく軽めに、お酒も特別な時以外は控えてます。

というわけで、少し痩せて70kg付近になりました。…が、過去の体重の推移を見てみたら、2014年頃には太って70kgになってしまって、これではいけないとちょっと取り組んで、63kgくらいまで絞ってたようです。そこから10kg以上太ってたんですね…、中年のおっさんの体は怖い…。

血圧もギリギリ正常範囲に落ちてましたが、あれこれと体に不調が起きてますので、これを期に改めて体重も落としつつ、運動もしていきたいと思います…。

吹奏楽部って大変ですねという話と、両親のスマートフォンの話と

先日、長女の吹奏楽の演奏を聞きに千葉県文化会館まで行ってきました。小学校のときから何度も来ているのでなんかもうすっかりなれた感じです。下の子供2人は千葉市科学館で遊んでいてもらいました。これもいつもどおり。

まだ下2人がいてのんびり演奏を聞けないので長女たちの学校の演奏のみを聞いたのですが、とても「よく練習された演奏」でした。音程もすごく良かったし、去年と違って音を大きくしようとするあまりに痛々しいくらいの音色でもなかったし、私はすごく良いと思いました。夏休みも含めて毎日毎日6時間以上ルールを破って練習している音がしてました。そこまでブラックな部活もどうかと思いますが。

それでも残念ながら9位だったということで次の大会には進めなかったそうです。他の学校も大変にブラックな部活動を繰り広げているのだろうことは想像に難くなく、未来が明るい感じはあまりしませんでした。

とはいえ、なにか1つのことを一生懸命頑張ることは貴重ですからね。長女には良い経験になっていると思います。

正直その時間をもっと将来有利になることに時間投資したほうが良いのではないかという思いは未だに消えませんが。

今思い返しても、自分が中高時代に「おれは勉強するから高校では部活はやらない」と割り切っていた友人は大人だったし、世の中を冷静に見ていたんだなぁと思います。

それでも、私の方針は「自分のやりたいことを見つけてそれをやりなさい」ですし、私の考えよりも、今の長女のほうがきちんと正しい選択をしていると思います。

で、話は全く変わるのですが、今日から家族は妻の実家に帰省しています。カレンダー上の平日の日程で帰る予定だったし、私は仕事もたんまりとあるのでわたしは今週は一人暮らしです。

で、今日は実家に帰って、両親用のスマホを頑張ってセットアップしたり、両親に使い方を教えたりしてきました。

先日の日記(鹿嶋の実家に帰省 | えび日記)に書いたこととは方針を変えて、結局SIMフリーのスマホを購入して格安SIMを契約し、それを使わせてみることにしたのでした。やっぱりあまりにも3大キャリアの端末代金や毎月の通信費用がクソ高いので。世の中間違ってると思います。

外観が松戸からつながってからはGoogleさんが外観経由が時間的に一番早いというので、今日はそちらで行ってみました。確かにいつも2時間~2時間30分程度の時間が下道でかかっていますが、1時間30分程度で到着して「しっかり早い」感じでした。ただ、高速料金は2500円くらいかかってるので料金的に高いですし、距離的に随分と遠回りになるので損した気分もかなりしちゃいますね。

本当に急いでいるときには高速利用も今後はしていこうと思います。

鹿嶋の実家に帰省

下2人のみを連れて鹿嶋の実家に帰省していました。

午前中に海、午後にプールという謎のダブルヘッダーをこなして大変に疲れました…。長男も次女もふたりとも随分ボディボードがうまくなりました。1年に1回しかやらなくてもやっぱり子供はガンガン上手くなるもんですね。

ついでに母が携帯をスマートフォンに変えたい…というので本体はSIMフリーのものをネットで注文、SIMは格安SIMで…と注文しようとしたのですが、あーだこーだといろいろとよくわからないことを言って踏ん切りがつかず。結局以前プレゼントしたAndroidタブレットもまともに使えていないし、使える端末と回線環境だけあっても全然だめだなぁと再認識しました。

で、結局近所の携帯ショップ(Softbank, au)で相談しながら選んだらいいんじゃない?契約したら、余計なオプションを外しに来るから教えて、という話に一旦しておきました。スマホ時代になって老人がきちんと理解して契約して使いこなすなんてほぼ無理じゃないかと思うようになりました。世知辛い世の中です。

私が面倒を見てあげることはもちろんできるのですが、やっぱり離れて暮らしている中で限界ありますしね。3大キャリアをそのまま使うなんてありえないと思ってましたが、サポート費用と思えばそれはそれでありなのかもしれないなぁと思うようになりました…。

 

自宅のどこで声を出して録音するか

最近はすこしYoutubeに動画を投稿するアクションを頑張ろうとしています。自分の幅を広げるという意味もあるし、動画編集スキルを身に着けたいというのもあるし、単純に楽しいというのもあるし。

で、普通にPCの画面を録画する、音声を録音する、編集する、サムネイルを作成する、Youtubeにアップロードして適宜情報を掲載する…等かなりあれこれスキルを要求されますね。きれいに音をとるだけのこともまだきちんとできません…。色々と研究が必要なようです。

で、これらの工程の中で「喋って録音する」という工程の時間を確保するのが私にとって一番難しいです。会社の昼休み…もありなのですが、会議室の声外まで漏れてる気もするし…。家だと家族が起きている間はうるさくて録音しにくいし、家族が寝たあとだと今度は寝ているところにうるさくしてしまっても良くないし…。

で、最悪家族が寝たあとにトイレの中で…とかそういうひどいことになるかなという覚悟もあったのですが、色々と試してみたら、寝室から遠目の部屋であればそれなりに大きな声で喋っても大丈夫な模様だったので、今日は普通に喋ってみました。声の大きさとしては大丈夫みたい。

前回はヘッドセットをつけて喋ったら、結構息があたって風切り音がうるさかったので今日はPC内蔵マイクでやってみましたが、これはこれで何やら録音し始めがうまく取れません。レベル調整に時間がかかる?

もうちょっと風切り音がうるさくならないようなマイクがほしいですね…。と、あまり機材を気にしだしてしまうと沼にハマっていってしまいそうなのでそうはしたくないのですが…。

そしてあと、BGMでオリジナリティを出したいな、それなら自分で動画のBGMを作曲したらいいんじゃないか?てきな発想になってきてしまって良くない感じです、いや、別にいいのかもしれないけど…。

Youtubeはチャンネル登録者が1000名以上行かないと収益化もできませんし、収益は度外視したたんなる趣味になりそうですが、なかなか楽しいです。

自分の部屋がほしい次女

次女が最近自分の部屋がほしいとしきりに言っております。長女、長男はあまり言わないのですが。

とりあえず今は夏休みだし、夜寝る部屋を1人だけ違う部屋にしてみたりして様子を見つつ、なんとかしてあげられたらいいんだけどなと思うところです。簡易的なものであっても。

とはいえ、物理的な部屋数や間取りから考えると現実的に無理っぽいのですが。それでも何かいいアイデア、工夫がないかなぁと考えております。

内視鏡検査の結果

なんか最近私の健康日記みたいになってきてしまいました。残念です。

今日は朝から病院にいって先日の内視鏡検査の結果を聞いてきました。

まず、直接症状が出たことの原因は「逆流性食道炎」。内視鏡鏡検査で確認できる程度。内視鏡検査で確認できないけれども症状が出る人もいるそうで、確認できるレベルなんだから、症状はこれで間違いないだろうとのこと。説明はなかったけどもらった紙に「GradeM」と書かれていた、これは見た目で観察できる中では一番軽い状態ではある模様。逆流性食道炎は今は薬で症状が収まっているけれども薬をやめたらまた症状がでる、というケースが多いそう。

今もらって飲んでいる胃腸の薬のおかげで症状が静まっていると考えられる。薬は症状が出たときにしか飲まないという人もいるらしいけれども、担当してくれた医師の方によれば薬を飲み続けるのがお勧めとのこと。通院、薬代、手間等はかかるが、逆流性食道炎が食道がんの原因になることも多いため、それを防ぐには症状を薬で抑え続けておいたほうが良いらしい。

どうやら逆流性食道炎は簡単に治るようなものではないらしい。肥満の人が相当痩せるとかいうケースで改善されるケースはあるらしいが私程度だとあまりそういう見込みはないそう。自分としては相当暴飲暴食、睡眠不足、精神的ストレス等ある認識なのでそのあたり改善すればなおってもおかしくないんじゃないかな?と思うけどさて、どうか。

暴飲暴食もやめて、お酒も特別な日にしか飲まず、痩せようと思う。あと、食べてすぐ横になるのがかなり悪いそうなのでそれはやめようと思う。毎晩晩御飯を食べた直後に子どもたちが寝る時間なので寝かしつけをする生活を10年以上続けたのでこれもかなり影響あったと思う。寝室に付き合ってはあげても寝転ばないようにする。

健康診断のバリウムでも指摘されていたポリープは今回まとめて診断できたので良かった。結果は「胃底腺ポリープ」ということで癌化の心配はまず無いということなので良かった。内視鏡検査の段階で組織を取らなかった段階で予想はできていたのだけれども、確認できてよかったです。

逆流性食道炎になると胃底腺ポリープも結構できるらしく…。もう毎年胃カメラ飲むのが恒例行事になるのかと思うとちょっと憂鬱ですが、まぁ、このくらいのほうが逆にきちんと検査して健康でいられるかもですね。

あとは胃炎。これも健康診断でも指摘されていましたが、内視鏡検査でも確認されました。ただ、まだかなり軽いものだそうで、そこは良かったです。

というわけで、診断も付きましたし、もう3食ご飯を食べたら常に薬を飲む生活となりました。今回お世話になった病院は日曜日の担当病院だった、という経緯で家から車で20~30分かかって遠いので、薬がなくなったら近所の病院に行くようにしようと思います。今回は30日分もらいましたが、近所の病院では何日分まで出してくれるかな…。ぱっと調べたところ平成14年4月からは期間は制限無しになったらしいので、たくさんくれるといいのですが。

まずは1年くらい継続して次の健康診断で内視鏡検査をしてもらって改善具合を見る感じですかね。

そういえば、人間ドックで内視鏡検査をしてもらうと普通に万単位のお金がかかるようですが、今回は症状があって検査だったので3000円くらいでやってもらえました。健康診断にも胃カメラありますが、麻酔は喉だけ…とか多分そういう感じっぽいので、内視鏡検査をどこでどうやってやってもらうかはちゃんと考える必要がありそうです。

 

そして、子どもたちは元気に夏休みを満喫しているようです。主にゲームしたり、Youtube見たりして。休みにはいっぱい遊んであげようと思います。あと、子どもたちが夏休みの間は平日も週に1日くらいは休んで遊んであげたいなぁと思ってますが、さて、そんなにうまくいくかどうか…。